セラピストの求人、あります ~ほぐしの森~

セラピストになる為に

セラピストとしての展望


セラピストは、このストレス社会の中需要は高く、必要とされる仕事だと言ってもいいと思います。
では、セラピストとして活躍して行く道のりはどのようなものになっているでしょうか。

技術を磨く

技術を持ったセラピストは即戦力となりますので、とても重宝されます。技術を磨くのがまずやるべきことでしょう。

職場を決める

ほぐしの森を始め、セラピストの勤務地というのは多く存在します。マッサージ店やホテル、温泉施設など様々です。しかし、価格をより下げるためにセラピストを低賃金で働かせるなど職場によっては問題を抱えているところもあります。勤務地はしっかり調べてから選びましょう。また多くのお店とセラピストの雇用形態は社員やアルバイトではなく、個人事業主となります。業務委託契約となりますので、その事も考えながら慎重にいきましょう。

社員になる

ほぐしの森をはじめ、社員登用のある会社に決めた場合、基準を満たすと店長などになり社員になることもできます。そうなると雇用形態が変わりますので給料制になり、福利厚生といった安定した待遇を受けることが出来るでしょう。

独立する

技術をつけたセラピストは開業したり、フリーランスで働いたり出来ます。また店舗で働きながら空いた時間に自宅で施術をするという働き方をする人も増えてきているようです。出産や育児等で一度離れても、すぐ現場復帰できたりもします。個人事業主差なのでとても自由な働き方を選べるところが魅力的です。

セラピストになる時の注意点
上記でも触れましたが、セラピストはほとんどが個人事業主です。魅力的な事もありますが、色々考えなければならないことも出てきます。

完全歩合制の場合収入0の場合も

業務委託契約ですので、お客様が1人もこなければお金にならないこともあります。また月によって収入にバラツキが出てくるでしょう。

交通費や社会保険などはない

個人事業主はどこかの会社と契約しているわけではありませんので、こういった福利厚生がありません。会社に頼れなくなりますので自分で行わなければいけない事が多々おります。

セラピストとして働くという事は簡単なことではないという事がわかっかたと思います。固定客が入るまでは他にアルバイトをしながら働いているセラピストの方もいらっしゃいます。
しかし、人を癒したいという気持ちが強く、そこに意義を見つけられた方にはとてもやりがいがあり、天職だと思います。しっかりと調べて努力すれば、必ず目標に届くでしょう。